17LIVE公式
リスナーに選ばれる「サムネイル」の作り方
見出し画像

リスナーに選ばれる「サムネイル」の作り方

17LIVE公式


こんにちは、17LIVE運営です。
この記事では、より沢山のリスナーに愛される「サムネイル」作成のコツをお届けします!

アプリを開くと、ライバーの画像がたくさん並んでいますよね。
これが「サムネイル」です。17LIVEではプロフィールに設定した画像が、そのままサムネイルになります。

リスナーが一番最初に目にする画像のため、魅力的なプロフィール画像=サムネイルを設定し、より多くのリスナーを呼び込みましょう。

1.写真・画像を選ぼう

■Point
・高画質であること
・顔出しする場合、顔がはっきりわかる写真にすること
・顔出ししない場合、インパクトのあるオリジナル画像にすること

高画質であること

まず、画質が高くぼやけていない写真を使いましょう。
粗い画像や低品質の画像を使うと、リスナーは「配信の画質も低いのでは?」と思ってしまいます。サムネイルには、鮮明で高画質な画像を使うのがおすすめです。
比較的新しいiPhoneやスマートフォンのカメラであれば十分です。

顔出しする場合、顔がはっきり分かる写真にすること

顔出しをして配信する場合は、一目瞭然で顔全体がはっきりと分かる写真を使いましょう。
顔の一部を隠したり、顔の上に文字やスタンプを置く加工はしない方が、リスナーには好まれやすいようです。

さらに、顔全体が映っているだけでなく、「普段の日常を切り取ったように見える写真」は、ライバーのフレンドリーな雰囲気やリスナーとの距離の近さをより分かりやすく伝える効果があります。

たとえば、あなたが歌や楽器演奏、ダンスなど何かしらの趣味や特技を配信したい場合、あなたの顔と、あなたの配信内容がひとめでわかる写真を選びましょう。

また、カフェでのワンシーンなど、あなたらしい雰囲気が出せる日常のシチュエーションを切り取った写真は、リスナーも一緒にその場にいる気分になれるためとても良いです。

顔出しをしてない場合、インパクトのあるオリジナル画像にすること

ラジオ配信やゲーム配信など顔出しして配信をしない場合は、インパクトのあるオリジナル画像を設定しましょう。
インパクトがあるといっても、インターネット上で人気な拾い画像では、あなたらしさを伝えることできず、肖像権など法的なリスクも発生してしまいます。自分で作成した可愛い画像やユニークな画像など、個性が伝わるオリジナルの画像でインパクトを出しましょう。


2.写真・画像から余計なモノをなくそう

自分らしい写真や画像の候補がいくつか選べたら、具体的なチェックポイントは以下です。

■Point
・写真の背景に”自分らしさ”以外の余計なものが映っていないか

写真の背景に”自分らしさ”以外の余計なものが映っていないか?

部屋で撮影したあなたの写真の後ろに、うっかりゴミ箱や開けっぱなしのクローゼットなど、「あなた以外の要素」が映っていませんか?
こうしたあなた以外の要素はリスナーには良い影響を与えず、配信も雑だという印象を与えてしまう可能性があります。

映り込まないように片付けて再度撮影するか、「PhotoRoom」や「合成スタジオ」などの画像切り抜きアプリ等を使用して削除しておきましょう。

他にも、例えばあなたがギター演奏をするライバーである場合、あなたらしさの象徴として、ギターを持っている写真や実際に演奏している様子が伝わる写真がおすすめです。
その際、写真の中にあなたと、ギターの演奏風景以外の不要な要素が映り込まないようにしましょう。 

▲背景による印象の違いの例


3.テキストを考えよう

ここまで、サムネイルにふさわしい写真や画像の選び方を解説してきました。
あともう少しです!
画像や写真だけでリスナーを惹きつけることも可能ですが、文字(テキスト)をいれることで、自分の魅力や配信内容をより分かりやすくリスナーに伝え、配信を見てもらいやすくなります。

■Point
・画像と同じ意味のテキストを入れましょう
・配信頻度や枠の雰囲気、参加中イベントのアピールもGood
・余白も大事にしましょう

画像と同じ意味のテキストを入れましょう

挿入テキストは、できるだけ画像素材と一致させましょう。
たとえば、写真は「趣味のバイクに乗っているあなた」なのに、テキストが「音楽ライバー!リクエスト受付中!」だと、それを見たリスナーはちょっと混乱してしまいますよね。
自分の趣味や特技、配信内容が可視化して伝わるよう画像とテキストを工夫しましょう。


▲画像とテキストが一致しているサムネイルの例


配信頻度や枠の雰囲気、参加中イベントのアピールもGood

また、「毎日配信中」「〇〇イベント参戦中!」など、配信を継続的に行っていることが分かるテキストや、配信カテゴリー(雑談、音楽、ゲーム、占いなど・・)が分かる内容は、配信イメージが湧きやすく、新規リスナーの訪問に繋がりやすくなります。
参戦しているイベントや、頑張って取り組んでいることなど、リスナーからより応援してもらいやすいようアピールしていきましょう。

余白も大事にしましょう

たくさん情報をいれたくなる気持ちもわかるのですが、情報量が多くなるほどサムネイルはごちゃごちゃとした印象になってしまいます。
テキストを入れすぎず情報を絞り、適度な余白のあるスッキリとしたサムネイルにすることで、あなたの魅力が引き立ち、リスナーの興味を引くサムネイルになります。


4.テキストは「中心に」

使用する素材やテキストが選べたら、最後はテキストの挿入位置です。

■Point
・表示する場所によって、画像のサイズが変わることを知っておく
・テキストも真ん中に置きましょう

表示場所によって、画像のサイズが変わることを知っておく

「17LIVE」では、プロフィール画像=サムネイルになることは前述の通りですが、この仕様により、注意しなければならないことが1つあります。

それは、設定したプロフィール画像が「正方形」なのに対し、サムネイルになると3:4の比率で「横長の画像」になることです。

つまり、プロフィール画像(正方形)の上下がカットされた部分が、サムネイル画像となります。

テキストも真ん中に挿入しましょう

サムネイル表示時には、「スコア」、「17LIVE ID」、配信場所を示す「日本」が重ねて表示されます。
こうした表示に、あなたが挿入したいテキストが被らないようにしましょう。

また、プロフィール画像、サムネイルと表示場所によってサイズが変わる仕様となっていることを踏まえると、写真や画像、文字入れをする場合のベストな方法は、人物やオリジナル画像、テキストをできる限り、「正方形画像の中央」に挿入することです。

こうすることで、サムネイルに設定された時の画像や文字の一部が見切れてしまうことを防ぐことができます。
せっかく作成したオリジナル画像が切れてしまわないよう、サムネイルを意識した配置を心がけましょう!


まとめ

ここまで「17LIVE」でリスナーにクリックし視聴されやすいサムネイル画像の選び方から作り方について基本の解説をお伝えしました。

本記事の内容を意識していただくことで、今まで以上に新規リスナーの流入が増えることに期待できます。思わず見てみたくなるサムネイル画像を設定して、新しいリスナーとの出会いを楽しみましょう!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
17LIVE公式
日本No.1ライブ配信アプリ「17LIVE(ワンセブンライブ )」の公式アカウント。ライブ配信を楽しむための情報をお届けします!